世界で唯一ドミニカ共和国で産出されるナチュラルブルーアンバーで、
太陽の紫外線を浴びると美しいマリンブルーやエメラルドグリーン色に輝く幻の琥珀。

ドミニカ共和国産の「琥珀」(アンバー)は、約2500〜3000万年前のHymenaeaと言う広葉樹の樹脂が長い年月の間に硬化した、いわば樹脂の化石です。

このドミニカ共和国の天然のブルーアンバーは通常の白熱灯の下では、黄褐色をした琥珀が太陽の紫外線を浴びることで鮮やかなコバルトブルーに輝きます。
光の強さや、角度によって微妙に変化する色合いはその存在感と神秘性が注目される逸品であります。

当社は、日本で唯一のドミニカ共和国産琥珀「ブルーアンバー」の特約代理店として、その取扱いをドミニカ共和国の商工省鉱山総局の認定を受け、ドミニカ共和国の鉱山から産出された天然の琥珀である旨の証明書を取得しております。


●神秘的虫入り琥珀 ●ドミニカ共和国 ●卸売店一覧 ●ドミニカ琥珀 ●原石採取
  商工省鉱山総局の証明書      



■TOP  ■ブルーアンバー  ■ラリマー  ■油彩画  ■水彩画  ■フォトギャラリー  ■お問い合わせ