ラリマール

ラリマーは、1974年に、ノーマン・ライリングによって、ドミニカ共和国で発見されました。今日に至まで、この希な美しさを秘められたラリマーは、カリブ海のこの国だけで発掘されています。その名の由来は、地元の宝石商人、ミカエル・メンデスが、娘の名前、ラリと、スペイン語で、海という意味のマーから考え出したものといわれています。
カリブ海の神秘な海と、その上に輝くまぶしい青い空を、 そのまま 閉じ込めてしまったかの様に 思える、不思議な魅力に溢れるラリマ−。

果てしなく青く広がる美しいカリブ海に浮かぶ小さな火山の島で生まれたラリマー。
日本ではまだその名を知られて間もないラリマーの、その透明感をもった美しさは、しばしば、ヒスイやトルコ石に比べられています。

様々な表情をみせる青い色とその複雑な模様は、ラリマーの石ひとつひとつにユニークな持ち味を与えています。
カボションカットやオーバルの形、大きさ等の加工はご注文に応じます。

ドミニカ共和国商工省鉱山総局の証明書


■TOP  ■ブルーアンバー  ■ラリマー  ■油彩画  ■水彩画  ■フォトギャラリー  ■お問い合わせ